おすすめの洗顔石鹸【洗顔はスキンケアアイテムの基本】

美容

石鹸に関する知識

弱酸性の石鹸がいいのか

woman

洗顔石鹸は、誰でも毎日使っていると思います。では、洗顔石鹸の場合、その成分は弱酸性と弱アルカリ性のどちらがいいのでしょうか。実は、人間の素肌というものは、弱酸性の性質を持っています。しかし、汚れを落とすのが目的であるなら、アルカリ性の方が落としやすいのです。弱酸性の洗顔石鹸では、古い角質などを落とす力がどうしても弱くなってしまいます。アルカリ性の石鹸は、お肌によくないといわれることもあります。しかし、アルカリ性の石鹸を使うことでお肌がアルカリっぽくなっても、自然に皮脂などの影響ですぐに弱酸性のお肌に戻ります。ですから、あまり心配せずに、よく汚れが落ちるアルカリ性の洗顔石鹸を使うのがおすすめです。

洗顔フォームよりもいい

おそらく、将来は洗顔フォームよりも洗顔石鹸の方が人気になるかもしれません。洗顔フォームを使うと、どうしてもベタベタした感じになってしまいます。それよりも、お肌に優しく添加物も少ない洗顔石鹸の方がいいに決まっています。それに、石鹸なら費用も安くすみます。ですから、今後はそんな石鹸の良さに多くの人が目覚めていくはずです。もっとも、洗顔石鹸としておすすめなのは、昔ながらの純石鹸です。しかし、自宅にある一般的な石鹸でもいいのです。そして、お肌に優しいタイプなら、なおいいと思います。お肌をいたわりながらキレイにしてくれる、そういう石鹸ならではの魅力があります。これからの未来には、多くの女性たちが昔からあるような洗顔石鹸を使っているのではないでしょうか。